足の臭いの原因と対策《足の臭いを消す方法》

 

 

足の臭いの原因について

洗っても洗っても落ちないということで、足の臭いに悩まされているという方は多くいらっしゃいます。

 

男性でも女性でも、そして年齢に関係なく足の臭いは引き起こされる可能性があり、その原因は幾つか考えられるのです。

 

そこで、このページでは足の臭いが引き起こされる原因について詳しく説明しているので、どのようなメカニズムで発生しているのかチェックしてみてください。


分泌される汗と細菌

足の臭いの大きな原因は、足の裏に分泌される汗と細菌で、身体の他の部分と比べて約3倍〜10倍の汗腺が集中しております。

 

個人の体質によって異なるので一概には説明できないものの、足の裏はエクリン汗腺が発達しているため、両足で1日にコップ1杯程度の汗をかくと考えられているのです。

 

エクリン汗腺は体温調節をしている重要な存在で、その99%が水分なので汗自体に不快な臭いはないのですが、その汗をバクテリアやコリネバクテリウムといった表皮ブドウ球菌が分解することにより、足の臭いが発生するという仕組みになっております。

 

足を清潔に保っているつもりでも、靴の中で繁殖したバクテリアは元気に生活して繁殖しており、その排泄物が足の臭いの大きな原因というわけです。

 

靴を履いている時は、指の間は湿度は95%以上、温度は32℃以上にもなると考えられており、雑菌が繁殖しやすい状態が整っているため、汗をかきやすい夏場は足の臭いの原因となりやすいことはお分かり頂けるでしょう。


清潔さを保ちにくい

清潔さを保ちにくい場所というのが原因で、足の臭いが発生しやすくなっております。

 

例えば、辛い食べ物を食べたり緊張して汗をかいたりした場合、顔であればサっと洗うことができますし、ウェットティッシュや脂取り紙で拭けば汗を取り除こくことができるはずです。

 

しかし、外出中に足の裏を洗うというのは意外と難しく、人前でタオルで拭いたり靴下を替えたりといった行為は、エチケットを考えれば行うことができません。

 

つまり、人間の身体の部位で、足の裏が最も不潔な状態になりやすいということが原因で、性別に関わらず足の臭いが酷くなる原因となるのです。

 

ブーツやストッキングを履いているという女性は、余計に足の裏が高温多湿になりやすく、足の蒸れが更に臭いを増しているので、できる限り注意した方が良いと説明できます。


普段の食生活

普段の食生活と足の臭いは、意外と深い関係性があり、足の臭いを消す方法を一生懸命に行っていたとしても、食生活が乱れていては意味がないと説明できます。

 

前述した通り、汗と足の臭いには大きな関係性があり、ステーキやハンバーグといった肉類を中心とした脂っこい食事は、汗をかきやすくなるのです。

 

野菜や果物を中心とした和食よりも、動物性タンパク質を含んだ食事は身体の代謝機能がアップし、汗をかきやすくなるのでこれらの食べ物に偏っているという方は注意した方が良いかもしれません。

 

もちろん、適度な摂取量であれば問題はありませんが、足の臭いの原因となるのは事実なので、欧米化した肉中心の食生活は避けた方が良いのです。


足の臭いの対策について《足の臭いを消す方法》

どんな原因で足の臭いが引き起こされていたとしても、相手に不快な気分をさせてしまうことは間違いないですし、女性であれば尚更気にしてしまうはずです。

 

そこで、少しでも足の臭いを和らげるための対策を練るべきですし、足の臭いを消す方法を実施していれば、大きな悩みを抱えずに済みます。

 

このページでは、足の臭いを和らげるために、どのような対策を行えば良いのか詳しく説明しているので、できる限りの努力をしてみてください。


足の裏を清潔に保とう

足の裏を洗って清潔に保つのは、足の臭いの基本的な対策の一つで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

 

「洗っても洗っても臭いが落ちない」という方は、もしかしたらボディーシャンプーを使って洗浄しているのかもしれません。

 

良い香りがするボディーシャンプーには、保湿成分がたっぷりと含まれており、足が保湿されることで靴の中で蒸れやすくなるため、できる限り避けた方が良いのです。

 

そこで、足を洗浄していく際は、殺菌用石鹸や固形石鹸が適しており、これらのグッズを使って足の裏を清潔に保つ対策を行っていれば、臭いが強まるという状態を防ぐことができます。


洗える靴を使う

足の臭いを消す方法の一つが、「洗える靴を使う」ということで、私たちが普段の生活で履いている靴は、汗や雑菌をたっぷりと吸い込んでおります。

 

つまり、いくら自分の足を清潔に保つような対策を行っていたとしても、靴自体から不快な臭いが発生しているケースもあるので、衣服と同じように定期的に洗わなければならないのです。

 

現在では、男性用のビジネスシューズや女性用のパンプスなどでも、洗える製品が靴屋さんや通販で販売されているので、足の臭いを対策したいのであれば、自分の足と同時に靴も清潔に保った方が良いでしょう。

 

また、市販では消臭グッズの「グランズレメディ」が販売されており、このパウダーを靴の中に散布するだけでバクテリアといった雑菌を除菌してくれるので、足の臭いの元を取り除いてくれます。


靴下の種類に気を配る

悪臭の原因は、簡単に説明すると足の中で発生した汗を細菌が分解するということで、足に直接身に付ける靴下は重要な項目となっております。

 

例えば、通気性が悪く汗を吸収しないような素材の靴下を着用している場合、普段の生活を送っている間に不衛生な状態になって、足の臭いが酷くなりやすいのです。

 

そこで、足の蒸れを軽減することが足の臭いの対策に繋がるので、5本指ソックスやデオドラント靴下といった製品を着用するようにしましょう。

 

5本指ソックスを着用すれば、指と指が接触することがなく汗をしっかりと吸収してくれますし、デオドラント靴下は通気性に優れているのでバクテリアの繁殖を防いでくれます。

 

もし、可能であれば替えの靴下を事前に用意し、休み時間にトイレの中などで着替えるという対策も良いかもしれません。